離乳食 始める 硬い便

離乳食を始めたら便秘になりがち|うんちが柔らかくなるものをあげましょう

離乳食を始めると、便秘になってしまったという赤ちゃんも多いです。そのため、母乳やミルクに戻したほうが良いのではと悩んでいるママも多いと思います。

 

 

離乳食を始める時期は、赤ちゃんの腸も未熟で、さらに母乳やミルクの量が減ることで水分摂取量が減ってしまい便秘になります。しかし、便秘になってしまっても、離乳食を止める必要はありません。

 

 

いつかは卒乳しなくてはいけないので、離乳食を進めて、お腹を慣らし、食べ方を覚えさせてあげてください。食事にお腹がなれ、さらにお腹の筋肉が成長するので、徐々に便秘も治ってきます。

 

 

便秘が気になるときは、食物繊維の多いさつまいもやホウレン草、きな粉(大豆)、バナナ、リンゴなど、乳酸菌の多いヨーグルトなどの乳製品を多めに食べさせてください。また、水分補給も欠かせないので、プルーンーンジュースやオレンジジュースなどもあげてください。

 

 

また、食事に気をつけるだけでなく、昼間の運動や睡眠リズムについてもしっかり見てあげてください。運動が少なかったり睡眠時間がばらばらだと、腸の動きが低下し便秘になってしまうことがあります。