ミルク 吐く 原因

ミルクをよく吐いてしまう原因は?|腸にウンチが溜まり入らない可能性も

赤ちゃんは生後3ヶ月くらいまでは、母乳やミルクを吐いてしまうことがよくあります。赤ちゃんの胃は、縦に長い形をしていて、胃を閉じる筋肉も発達していないため、吐きやすくなっています。成長とともに胃の形も、筋肉も発達してきて徐々に吐きにくくなってきます。

 

 

母乳やミルクを飲んだ後に吐いてしまっても、元気で機嫌も良ければあまり心配は要りません。よく吐いてしまう子は、母乳やミルクを良く飲んでいる子とも言われます。限界以上に飲んでしまい、飲みすぎた分を吐いてしまうようです。

 

 

また、便秘の可能性もあります。腸の中に便が溜まってしまい、飲んでも体の中に入らず吐いてしまうこともあるようです。しっかりウンチが出ているか観察してください。

 

 

ただし、吐いた後に元気が無かったり、吐いて体重も増えない、噴水のように吐いてしまうようなときは、小児科を受診してください。

 

 

吐いてしまうときの注意点は、自分ではいたもので喉が詰り窒息してしまうことです。母乳やミルクを飲ませた後に、寝かせるときは、横向きにしてあげてください。口元にガーゼやタオルを置いておくと、吐いても布団を汚さずにすみます。