お腹 張り 授乳

授乳の後にお腹が張っている|発生したガスを上手に排泄させましょう

おっぱいやミルクをあげた後に、赤ちゃんのお腹がパンパンに張ってしまうことがあります。そして、大抵の赤ちゃんはぐずったり、不機嫌になります。このよう状態になるのは、腸で発生したガスが、上手く排泄できずにたまっていることが考えられます。

 

 

赤ちゃんの胃腸や腹筋が十分に発達していないため、うまくガスを出せません。そんなときは、マッサージや足を動かしてあげて、外から腸を刺激して、ガスの排泄を促してあげましょう。

 

 

マッサージや体操は、授乳直後など満腹のときは避けてください。おなかが圧迫されて、吐いてしまうことがあります。お風呂上りや授乳の前、オムツを変える際に、機嫌が良ければ行ってあげてください。ガスが出せなくて、苦しくて泣いているときに行ってあげるのも良いです。

 

 

マッサージは、ママ、パパの手のひらを赤ちゃんのおへその下に置きます。力をいれずに優しく小さい『の』の字を書くように動かしてください。徐々に『の』の字を大きく書くように動かします。

 

 

体操は、赤ちゃんの膝を持って、平泳ぎをするような感じに動かしてあげてください。無理に引っ張ったりしないよう気をつけてください。