腸の動き 良くする 早寝早起き

早寝早起きで赤ちゃんの腸の動きが活発に|正しい生活リズムが大切

大腸の動きをコントロールしているのは自律神経です。この自律神経が乱れると、大腸の動きも乱れ、便秘になってしまいます。なので、便秘を解消するためには、
自律神経を整えてあげることが重要です。

 

 

自律神経といっても難しいことはなく、生活リズムを整えてリラックスさせてあげることで整います。生まれたばかりは生活リズムができていませんが、生後3〜4ヶ月くらいたつと生活リズムが作られてきます。

 

 

赤ちゃんだからといって、いつまでも寝かし続けてしまうとその日の生活リズムが狂ってしまいます。早寝早起きを心がけてください。また、しっかり睡眠を取ることも重要なので、静かで暗めの環境を作ってあげてください。

 

 

天気が良い日には、外にお散歩に出かけることも効果的です。抱っこしたまま、ベビーカーに乗せたままでも十分です。また、お風呂に入ることも効果的です。ぬるめのお湯で体を優しく洗ってあげると、リラックスするので自律神経が整います。

 

 

授乳、ミルクもなるべく同じ時間に行ってください。母乳やミルクが腸を刺激するので、排便のリズムが作られます。