小児科 受診 便秘

便秘で小児科を受診する目安は|対応が遅れると症状が悪化します

赤ちゃんは離乳食が始まった頃から、便秘になりやすくなります。特に、女の子に多いようです。ただし、便秘はうんちの回数だけでは判断できません。

 

 

毎日、ウンチをしていなくても、しっかり母乳やミルクを飲んでいたり、機嫌が良くて、柔らかいウンチが出るようであれば問題ありません。

 

 

機嫌が悪くグズグズしていることが多い、吐き気がある、お腹が張っている、ウンチが硬い、ウンチに血が混じっている(痔かも)ようなときは、便秘対策を行ってください。

 

 

離乳食を見直す、マッサージ、綿棒浣腸など。それでも、良くならないときには、小児科を受診しましょう。

 

 

あまり便秘を放っておくと、肛門が切れて痔になり、痛みから排便を我慢するようになってしまいます。すると、さらに便秘も痔も悪化し、治るにも時間がかかってしまいます。

 

 

便秘くらいで病院に行くのはと思っているママ、パパもいるようですが、赤ちゃんのためにもなるべく早めに連れて行ってあげてください。