赤ちゃん 綿棒浣腸 便秘

綿棒浣腸で赤ちゃんの肛門を刺激して溜まったウンチを出してあげる

赤ちゃんは、内臓も筋肉も未熟なため、上手にウンチを出せずに、肛門付近に溜まってしまうことがあります。ウンチにより肛門が塞がれてしまうため、ウンチはどんどん腸の中に溜まってしまい、体調が悪くなります。

 

 

ウンチの周期には個人差があるので、数日出ていなくても平気な子もいます。しかし、ウンチが出てなくて、お腹が張っている、食欲が無い、機嫌が悪いときは、ウンチが溜まっている可能性が高いです。

 

 

そんなときに効果的なのが綿棒浣腸です。綿棒をおしりに差し込んで刺激してあげることで、便意を促します。

 

 

綿棒浣腸のやり方

綿棒の滑りを良くするため、先にオリーブオイルなどをたっぷりつけます。ちなみに、綿棒はベビー用ではなく普通のものを使ってください。普通のものの方が芯がしっかりしているので、やりやすいです。

 

 

ウンチが出てくる可能性があるので、オムツはお尻の下に置いたままにして、さらに、下に新聞紙を敷いたほうが良いかもしれません。出来れば、他の人にもお願いして赤ちゃんの足を押さえてもらってください。以上で準備完了です。いよいよ浣腸をします。

 

 

まずは綿棒で肛門のまわりをチョンチョンと刺激します。これだけでも排便出来ることがあります。出なかったら、綿棒の先の部分(2〜3cm)を肛門に入れて、穴を広げるような感じで、回転させてください。

 

 

5,6回回転させたら、ウンチが出なくても止めてください。しばらくした後に、ウンチが出てくることもあります。出なければ、繰り返してください。

 

 

綿棒浣腸は、やりすぎてしまうと肛門に傷をつけてしまうこともあるので、1日に1回くらいにしてください。

 

 

綿棒浣腸はクセにならない?

浣腸と聞くとクセにならないか心配になってしまう人もいるかと思います。でも、クセにはならないので安心してください。綿棒で直腸付近を刺激して、便の出を良くしているだけで、結果的には自然な排便を促しているのと変わらないからです。

 

 

とは言え、出来れは綿棒浣腸をしなくても自然に排便してもらいたいですよね。赤ちゃんのウンチがスムーズに出ないのは、腸内の善玉菌が減っていることに原因があるかもしれないです。

 

 

腸内の善玉菌が減少するとと、腸の動きが悪くなるためウンチが腸の中に長い間溜まります。すると、ウンチに含まれる水分がどんどん吸収されて硬くなり、肛門を通りにくなってしまうのです。

 

 

善玉菌を増やす方法